漫画ハヤテのごとく!、めだかボックスを追いかけてやがて勝手に終わっていくブログです。過度な期待はせずに抹茶アイス片手にちらっと覗いてあげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンデー発行部数大幅ダウン 単純計算、一ヶ月で一万部数減

先日公開されました、社団法人日本雑誌協会の雑誌発行部数で少年サンデーは前回を下回る68万4462部数、約3万部数減の結果になりました。これは計算するまでもなく危機的事態に見舞われていることが分かります。

ジャンプは287万2500と大きくリードしていることに愕然としました、本当に同じ少年誌だというのか怪しくなってきましたが事実は受け止めるべきですね。部数が減った原因は昨今の経済悪化による消費の控えや、顧客層がデジタルコミックに移行したなど考えられますがそれだけでは済まされない決定的な理由が存在します。

それは何を隠そう実力不足!、ハッキリ申しますと面白くないわけです…読者的には。僕も毎週購入はしておりますが最近ではサンデーがあんまりコンビニに置いていないことが多いのですよ。店側にとってもそれほど今のサンデーには魅力がないのでしょう。ああ…200万部数刷っていた時代が懐かしいw。

個人的には数年前まではジャンプよりもサンデーの方が見る漫画があったんですけどね。かってに改蔵とか天使な小生意気とか、いでじゅうとか、ダイナマ伊東とか、ガッシュベルなどイロイロありました。あぁ~、でも電句先生がいないのは1番痛いですよねやっぱり。本当に編集があんな珍事さえしなければこんなことにはならなかったのですが…。

でも過去の名作を重んじても現状は変わりません、覆水盆に帰らずです。

編集は自身らに足りないものを自覚して精進してもらいたいものです。このままズルズルいけば5年後辺りには消滅しかねませんから本当にお願いしますよ…、まさかなんとかなるだろうなんて甘い考えなどないでしょうね。サンデーの消滅はそれすなわちハヤテの消滅でもある言わば一蓮托生。それは勘弁してください、笑えません。

しかし正直、これだけ業績が下がっているのに編集長を代えないなんて、点の取れないFWにいつまでも期待しているようなものですよね。最後にとりあえずはマイナスを止めましょう、話はそれからです。

電話越しの声『ですから何度も申しますようにサンデーの部数には誤りはございません…』

どこの馬の骨とも分からない雑誌にも抜かれてしまうと言うのか、もういい俺が指揮を執る!!



社長もイロイロとお忙しいですね。



スポンサーサイト

少女祈祷中… 


現在ブログの工事中です(突貫!!)。

復旧まで今しばらくお待ちくださいませ、でもそんな期待はしないで下さいねw。

しじみがトゥルルって頑張っています

これだけ言っておいて人を待たせるなんてどうだろうか?
[ 2010/05/15 16:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。